水谷果穂が可愛い!ブラックペアン宮元亜由美役で圧巻の涙の演技!

 

宮元亜由美

ブラックペアンに看護師の宮元亜由美役で出演している水谷果穂さんにようやくスポットが当たりました。

 

しかも第7話において、確実にハイライトとなるシーンで中心的な役割を果たしたんですね。

 

ブラックペアンで初めて水谷さんをテレビで見た人も多いでしょう。

 

あの迫真の涙のシーンは名演だったと思います。

 

今回はブラックペアンに宮元亜由美役で出演している水谷果穂さんについて調べてみましょう!

Sponsored Link

水谷果穂のプロフィール

芸名:水谷果穂(みずたに・かほ)
生年月日:1997年11月3日
年齢:20歳
出身地:静岡県浜松市
身長:163㎝
血液型:B型

職業:女優・歌手
趣味:読書・料理
特技:早口言葉
事務所:研音

<デビュー>

2012年春:祖母が本人に無断で応募したオーディションに合格して芸能事務所・研音に所属。

2013年4月:学校法人大原学園のテレビCM「飛びたい気持ち」篇でデビュー。

 

2017年7月12日:主演短編映画『明日、アリゼの浜辺で』の主題歌「青い涙」で歌手デビュー。

2018年3月31日より:『Going!Sports&News』(日本テレビ)にお天気キャスターとして出演。

キャスターにも初挑戦し多彩な才能を発揮している。

Sponsored Link

ブラックペアンで迫真の涙の演技

ブラックペアンで唐突にスポットが当たったのが6月3日に放送された第7話においてでした。

 

東城大学の患者リストがあろうことかライバル大学である帝華大に漏洩していることがと渡海先生のリサーチによって発覚しました。

 

リストをコピーしたのは誰か?

 

その場にねこちゃんこと猫田看護主任によって連れてこられたのが水谷さん演じる宮元看護師でした。

 

コピーされた紙にはIDが書かれています。それを、スタッフリストと照合するとなんと宮元さんがコピーをしたものだと白日の下にさらされることに。

 

何故このような犯罪行為をしてしまったのか?

 

それは、宮元さんの父親が肺がんで入院していて、しかもその場所が特別室だったんですね。

 

どう考えても特別室の利用料は宮元さんの給料で賄える料金ではありません。

 

となると誰かがそれを肩代わりしていることになります。

 

そしてこの肩代わりしている人物こそ、漏洩した張本人、黒幕なんですね。

 

それは誰か?

 

渡海先生に詰め寄られるシーンは見ている視聴者も緊張したことでしょう。

 

結局漏洩したのは守屋院長であることが発覚します。

 

守屋院長は以前から、帝華大の西崎教授に取り込まれていて、見返りに帝華大の系列病院の院長ポストを約束されていました。

 

その守屋院長に弱みを握られ、やってはいけない漏洩の手助けをしてしまった宮元看護師を水谷さんは好演しました。

 

コピーをした張本人だったことがばれ、二宮和也さん演じる渡海先生に詰められて涙するシーンは衝撃的でしたし、強烈に印象に残るシーンでした。

 

このシーンは本当に短いシーンではありましたが、確実にファンの脳裏に水谷さんの存在が強烈にインプットされたことは間違いないでしょう!

まとめ

ブラックペアンで好演をみせた水谷果穂さんについて迫ってみました。

これまで、スポットが当たらなかった分、今回渡海先生に詰められるシーンは衝撃的でしたね。

涙のシーンは完全に視聴者をくぎ付けにしたことでしょう。

 

これを機会にブラックペアンでも登場シーンが増えてほしいものです。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ