ホルムズ海峡には海賊もいる?イランの封鎖で日本の石油は大打撃?

 

ホルムズ海峡、海賊

 

イラン核合意から離脱しているアメリカのトランプ大統領が、

 

イランからの石油の輸入を慎むようにと各国に促しました。

 

もちろん、日本も例外ではないのですが、

 

このアメリカの宣言にイランもいち早く対応しました。

 

もし、アメリカの言う通りにイランからの石油の輸入を止めるとなると、

 

海上輸送において重要な場所にあるホルムズ海峡を封鎖すると勧告しました。

 

これまでも、イランとの緊張が高まるたびに、

 

取り沙汰されてきたホルムズ海峡。

 

どれほど、このホルムズ海峡は重要なのでしょうか?

 

どうも、ソマリア海域で跋扈していた海賊も、

 

たびたび進出してきているようです。

 

各国の警備が厳しい中でも、

 

海賊がそこにリスクを冒してやってくるということは、

 

やはりそれほど得られるものが大きいのでしょう。

 

まずはホルムズ海峡において、

 

海賊がどのような悪事を働いているのか確認してみます。

 

そして、次にもしホルムズ海峡がイランによって封鎖された場合、

 

日本の石油はどのような影響を受けるのか確認してみます。

 

Sponsored Link

ホルムズ海峡は何故注目される?

ホルムズ海峡の場所はまずどこにあるのか確認してみます。

 

ホルムズ海峡はペルシャ湾とオマーン湾の間にあり、

 

最も狭い部分は幅33キロなんですね。

 

そして大型タンカーが通るためには約7キロにすぎず、水深も比較的浅いホルムズ海峡。

 

海上輸送される世界の原油の約40%が通過し、

 

日本が輸入する原油の85%もこの海峡経由なんです。

 

ホルムズ海峡

 

今回のイランによるホルムズ海峡封鎖の警告はなにも初めてではなく、

 

過去にも同様に封鎖されるかもしれないという緊張が走ったことがあります。

 

それは2011年にイランのアハマディネジャド大統領が、

 

欧米の経済制裁に反発し、海峡封鎖を警告したことです。

Sponsored Link

ホルムズ海峡には海賊もいる?

これほどまでに海上輸送に重要な拠点であり、

 

そして、このホルムズ海峡はイランの手中にあります。

 

各国との交渉に大いに利用されてしまうんですね。

 

また、これほどまでに輸送に重要な海域となると、

 

海賊の進出が懸念されます。

 

そして事実、ソマリア海域で跋扈していた海賊が

 

日本の商船を襲いました。

 

2010年7月28日に商船三井のタンカー「エム・スター(M・Star)」が

 

ホルムズ海峡で攻撃を受けたんですね。

 

国際テロ組織アルカイダ系のテロ集団「アブドラ・アッザム旅団」が、

 

英雄アユーブ・アルタイシャンが攻撃したとインターネットで犯行声明をだしました。

 

狙い撃ちをされるということは、

 

この海域がそれほど、海上輸送において重要な拠点一つであることの証明でもあります。

 

イランの封鎖で影響は?

イランがこれほどまでに外交交渉の材料として利用するのには、

 

もちろん大きな理由があるわけです。

 

それは石油の問題です。

 

ホルムズ海峡を利用するのは、

 

何もイランに限っただけでなく、

 

サウジアラビアやUAEなども影響を受けることになります。

 

日本の石油の輸入が大打撃を受ける?

前述したように、日本が輸入する原油の85%が、

 

ホルムズ海峡を経由しています。

 

中東が不安定になるだけで、日本のガソリン価格は高騰します。

 

そして、現実にホルムズ海峡が閉鎖されるとなると、

 

物理的にも原油が入ってこなくなるということです。

 

時代をさかのぼると、

 

日本が第二次世界大戦に巻き込まれる原因は、

 

原油の輸入をアメリカから禁止されたことが発端でした。

 

それほど、日本にとって原油の確保が命題なわけです。

 

日本はイランに公使館を構えてから2019年で90周年を迎えます。

 

記念すべき年に関係が悪化するという失態は避けなければなりません。

 

1929年からとなると、第二次世界大戦よりも前から、

 

イランとの歴史的な交流があり、深い関係にあるといえるでしょう。

 

だからこそ、アメリカとイランの仲介をできるのは、

 

日本であると思います。

 

そして、イニシアティブが取れれば、

 

日本の外交における地位も上がることにつながります。

 

ホルムズ海峡が封鎖されるという、

 

世界経済への影響力が多大な出来事が起こらないことを祈るばかりです。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ