グッドドクター第7話ネタバレ感想!卵巣嚢腫は他人事ではない!

 

山崎賢人

 

毎回多くの視聴者の涙を誘っている『グッドドクター』は8月23日に早くも第7話を迎えることになります。

 

グッドドクターの第6話は新堂湊先生(山崎賢人)が助けられた経緯について明らかになり、

 

その事実を突きつけられた湊先生が、生かされたことに葛藤し内にあった感情が噴き出してきました。

 

自分が助からなければよかった・・・こう言って取り乱す湊先生には泣かされました。

 

第7話はどのような展開になるのでしょうか?

 

ただ一つ言えることは、泣かされる展開になることは間違いないということです。

 

妊娠をテーマに、母体の病気をめぐる話。

 

”卵巣嚢腫”がキーワードです。

 

ドラマの中だけの脚色された展開だと思ってみていると、あとから公開することになります。

 

それほど、今回のグッドドクターはいつになく重く考えさせられる展開です。

 

こんなストーリーで泣かされないはずはありません。

 

それでは早速確認していきましょう。

 

Sponsored Link

 

グッドドクター第7話ネタバレ感想!

それでは、グッドドクター第7話のネタバレと感想を書いていきます!

 

過去に小児外科の患者だった倉田菜々子(福田麻由子)が瀬戸先生を訪れます。

 

奈々子は瀬戸先生が初めて担当した患者だったんですね。

 

奈々子は、馬渕健太郎(藤原季節)にプロポーズされましたが、

 

過去の病気のことを話していないことを相談しに訪れました。

 

そして、瀬戸先生立ち合いの元、彼氏と奈々子で話し合いの場が持たれます。

 

妊娠できないリスクがあるということを健太郎に告白し、

 

婚約破棄も仕方がないと健太郎に打ち明ける奈々子。

 

それを優しく受け入れてくれる健太郎。

 

いきなり泣かしてきますね。今日のグッドドクターも笑

 

そんな矢先、奈々子は激しい頭痛を訴えて緊急搬送されてきました。

 

やはり、過去の病気に起因した頭痛なのでしょうか?

 

奈々子は湊先生の受け持ち患者である森下伊代(松風理咲)と同室になりました。

 

 

奈々子の卵巣にある腫瘍が悪性だった場合は、

 

切除しなければならないことが判明します。

 

卵巣嚢種→卵巣奇形腫。

 

これは、奈々子が赤ちゃんが産めないかもしれない可能性があるということです。

 

”ひどいよ、卵巣片方だけあればいいって言ったじゃん!

 

私悪いことなんてしてないのに・・・”

 

第6話は湊先生に泣かされましたが、第7話は患者の奈々子の言動に泣かされることになります。

 

奈々子は子供を産むことは難しい。

 

 

 

そして手術が始まります。

 

手術の過程で、卵巣奇形腫は悪性であることが判明。

 

全摘出を行うことになったことを宣言する瀬戸先生もつらいですよね。

 

手術を終えた奈々子にその事実をつげる瀬戸先生の気持ちを推し量ると胸が熱くなります。

 

奈々子との結婚を躊躇していた健太郎。

 

奈々子は健太郎を幸せにしてあげることができない。

 

奈々子が健太郎と一緒にいて幸せだって思ってくれるかはわからない。

 

それでもこれだけは言える。

 

奈々子と一緒になった自分(健太郎)は間違いなく幸せになれる。”

 

Sponsored Link
Sponsored Link

卵巣嚢腫は他人事ではない!

これはドラマの中で脚色されたストーリーだと思ってみていました。

 

ところが、ドラマを見ながら確認していた、ツイートでは予想外の展開がありました。

 

 

 

 

 

卵巣嚢腫が奇形腫でそれが悪性だった。

 

これによって、一つだけ残っていた片方の卵巣を摘出しなければならなくなった奈々子。

 

そして、奈々子だけでなく、摘出する側、瀬戸先生もそれを申告して手術を進めることが、どれほどつらいことだったでしょうか。

 

第7話は湊先生は完全に裏方に回っていました。

 

第6話が衝撃的過ぎましたから、帳尻合わせでしょうか。

 

ドラマ放送中から続々と同様の境遇だった女性からのツイートがたくさん上がっていました。

 

放送後は、女性の共感と反響が大きいことが予想されます。

 

結果的に、

 

奈々子の卵子は凍結保存ができました。

 

卵胞を見つけたのは湊先生。

 

寸でのところで、妊娠の望みができました。

 

さらに、この湊先生の知識は中島先生が見ていた文献にあり、

 

この奇跡を生むきっかけだったんですね。

 

中島先生は湊先生に対して嫉妬していた。

 

最後の二人のグータッチはほのぼのさえてくれました。

 

第7話は卵巣腫瘍をめぐるストーリーでした。

 

最終的に唯一残っていた片方の卵巣も悪性で全摘出しなければなりませんでした。

 

それでも、卵胞がみつかりそれを冷凍保存するという展開になりました。

 

悲劇的な結末を迎えず一安心と、湊先生グッドジョブ!と言ってあげたいですね!

 

次週の第8話は酒井若菜さんがゲスト出演します。

 

また泣かされるのでしょうが・・・楽しみです!

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ