グッドドクター第6話ネタバレ感想!湊先生に感情を揺さぶられ涙!

 

山崎賢人

 

グッドドクターは第7話まで放送されました。

 

第7話はもともと瀬戸先生が受け持った最初の患者で、

 

卵巣嚢種を患っている、奈々子(福田麻由子)が患者役を好演した回でした。

 

湊先生(山崎賢人)はというと、第7話は表立って活躍することはなく裏方に回る役を果たしました。

 

一つ前の第6話では一転、湊先生の感情が揺さぶられて解放されたシーンが圧巻でしたね!

 

改めて、第6話を振り返ってみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

グッドドクター第6話ネタバレ感想!

それでは、早速第6話の振り返りをしてみましょう。

 

第6話では、父親との会食を楽しみに待っている湊先生と、結局父親が現れなかった時の落胆し表情のギャップが、

 

とても切なくそして心に突き刺さるシーンでした。

 

父親の航の湊先生への仕打ちがとても悲しい。

 

”お前なんかいなければよかったのに・・・”

 

こんな捨て台詞を残して去っていく父、航。

 

兄のソウタより先に、湊先生が助けられたのは、ソウタくんが即死だったからと、

 

院長(柄本明)は湊先生に言っていました。

 

ところが、航が現れたことによって真相を知ることになりました。

 

即死ではなく、助かる優先順位を付けた結果、湊先生が助けられたということが真相でした。

 

この事実を知った湊先生は自分が死んだ方がよかったと取り乱してしまいます。

 

Sponsored Link

湊先生に感情を揺さぶられ涙!

この第6話は湊先生の感情が噴き出す回でした。

 

”ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・”

 

メスを握り泣きながらこの言葉を繰り返す湊先生に涙した視聴者も多かったでしょう。

 

妊婦のEXIT手術について議論が描かれた回でしたが、

 

どうしても湊先生の感情の噴出が強烈すぎて、他のストーリーが入ってきませんでした。

 

湊先生の過去の告白のシーンはやはり泣けましたし、とても心に響く会話が展開されました。

 

一部、引用してみます。

 

(湊先生)

”お兄ちゃんの分も、子供を大人にしたいと思っていました。

 

それでも、お兄ちゃんはそんなことを望んでいなかったかもしれません。

 

お兄ちゃんが一番助けてほしい時、僕が一番邪魔をしました。

 

僕が先に治療を受けている間、とても怖かった、苦しかったと思います。

 

もう胸をたたいてもお兄ちゃんの声が聞こえません。

 

もうどうしたらよいかわかりません。”

 

 

(志賀医院長)

”大切な人を失った悲しみを知っている湊だからこそ、

 

必ず良い医者になれるはずです。”

 

(瀬戸夏美)

”あの日生かされたあなただからこそ、今できることがあるんじゃないの?”

 

湊先生が生かされたことに意味がある。

 

そして、最愛の兄を失った悲しみを知っている湊先生は良い先生になる。

 

志賀医院長、瀬戸さん、

 

理解ある人が周りにいる。

 

それは、湊先生の真摯さ、純粋さに響いた結果であるといっていいでしょう。

 

生かされた結果、志賀委員長も、瀬戸さんも心を揺さぶられることになった。

 

最初は得体のしれないサヴァン症候群の湊先生でしたが、

 

よどみのない行動が人の心を動かしていく過程は素晴らしいと思います。

 

第8話は酒井若菜が登場!

第8話は患者役として酒井若菜さんが登場します。

 

どんな展開になるのか今から楽しみですね!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ