ぎぼむす 第8話

 

漸く、義母と娘のブルース(ぎぼむす)が2週間ぶりに放送されますね!

 

義母と娘のブルース(ぎぼむす)第8話ネタバレ予想!放送日はいつ?

 

待ちわびていたぎぼむすファンはたくさんいることでしょう。

 

義母と娘のブルース(ぎぼむす)第8話が9月4日22時より放送されます。

 

第8話の注目点は、ベーカリー麦田の再建ですね。

 

先代のパンの味が再建のキーポイントとなりそうです。

 

具体的に、先代のパンの味はどのようなものなのでしょうか?

 

それでは、早速第8話のネタバレといきましょう!

 

※関西地方は台風の影響で停電の地域が多いと聞いています。

 

また台風の影響で、テレビのアンテナが折れてしまったというツイートも見かけました。

 

漸く、皆さんが楽しみにしていたぎぼむすが見れないとなると、

 

いくら自然災害であったとしてももどかしさがあります。

 

22時までに無事に復旧することを願います!

 

Sponsored Link

 

義母と娘のブルース(ぎぼむす)第8話あらすじ!

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、

 

麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、

 

一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、

 

その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。

このままではまずいと考えた亜希子は、

 

「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、

 

リニューアルオープンすることを発案!

早速、宮本家に主婦仲間を集め、

 

「ベーカリー麦田」 のパンについて意見交換会を開く。

意見交換をするうちに、

 

先代の作るパンは今の麦田が作るパンにはない 「何か」 があったことに気づくが…。

引用元~義母と娘のブルース・あらすじ【公式】

 

 

第8話は亜希子(綾瀬はるか)を中心に、店長の麦田章(佐藤健)の奮闘で、

 

売上の落ちてしまったパン屋を再建していきます。

 

その再建の鍵を握るのがどうも、先代のパンの味にあるようなんですね。

 

具体的に先代のパンはなんというパンで、

 

そしてどんな味でお客さんを魅了していたのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

先代のパンの味とは?

原作では先代がレシピを引き継いでくれないことに章はもどかしさを感じていました。

 

もちろん、ベーカリー麦田は亜希子の奮闘もあり、再建を果たすことになるのですが、

 

ドラマ版のように鍵を握る先代のパンの味その理由ではないんですよね。

 

章が考えた新作パン”三食丼パン”が空前の大ヒットを果たすんです。

 

三食丼パン

※義母と娘のブルース Final P65より引用

 

ということは、完全にドラマのオリジナルになるわけです。

 

麦田章の父は宇梶剛士さんが演じていますが、

 

登場シーンも鍵を握りそうですね。

 

あの頃は結局戻っていった。

 

昔のベーカリー麦田にはそう思わせる何かがあった。

 

繁盛していたころの話を聞くべく、

 

先代の店長に会いに行くことになります。

 

秘伝のレシピを譲ってくれるのでしょうか?

 

先代の店長(宇梶剛士)は調べてほしいことがあると、

 

亜希子に提案します。

 

それは”先代の味の復活”でした。

 

このプランがベストなプランであると亜希子は提案します。

 

これは無理と章は一蹴します。

 

それはレシピを譲ってくれないからといいます。

 

この一連の話を裏で先代の店長が聞いていました。

 

レシピはないが、パン作りの特訓をしてくれるといってくれます。

 

”聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥”

 

後は先代の店長に任せて、亜希子は店を後にします。

 

家に帰ってきてからは、再建案を練ります。

 

これに、みゆきも提案もします。

 

昔のパン屋にするのは受けないんじゃないかと。

 

みゆきはどんなパン屋が受けると思うか?

 

”行くのが楽しくなるような、良いことがあるとかそんなお店。”

 

と目を輝かせながら答えます。

 

一方、ベーカリー麦田の店内では、

 

先代と章の特訓が続きます。

 

てめーふざけんじゃねーぞ!

 

何も言わないし、嫌がらせに来てるのかよ!

 

何も言わないのは、言うことがないからだ。

 

取り立ててうまくもまずくもない。

 

そんなパンだからだ。

 

本当に、美味しいと思って作っているか?

 

先代と章の違いは、

 

パンに対する思い入れの違い。

 

先代の章に対するメッセージは、

 

とにかく自分が世界一上手いと思うパンを作れ!

 

ということです。

 

要するに店長自身が先代と同じパンを作るのではなく、

 

麦田店長の思いで作るということ。

 

(麦田)俺パンのみみ嫌いなんすよ。

 

そんなんでもいいっすか。

 

(亜希子)よろしいかと思います。

 

ミミまで美味しい食パン

 

結局、みゆきの提案が正解でした。

 

作り手のモチベーションが成功の鍵。

 

宝探しができる感覚で、パン屋に行けたらいい。

 

最終的にミミまで美味しい食パンが麦田章店長の、

 

思いで作った世界一美味しいパンになりました。

 

結果的にはよりその開発の過程が鮮明に彩られた、

 

新作のパン、

 

ミミまで美味しい食パンが定番新メニューとして完成することになったんですね!

再建後に章は亜希子に告白する?

原作漫画では、ベーカリー麦田が再建を果たしたら、

 

章は亜希子に告白することになります。

 

告白についてはヒロキやみゆきも協力するんですよね。

 

ヒロキとみゆきも協力した告白大作戦が始まります。

 

次の展開は、章と亜希子の恋の話になってくるでしょう。

 

ただし、原作とは違うドラマオリジナルの展開が予想されます。

 

どんな展開になるのか今から楽しみですね!

 

”店長ってお義母さんのことが好きなのかな・・・”

 

みゆきが二人の関係性に気づくことになりました。

 

そして、リニューアルオープンの日。

 

先代の援助もあり、看板もリニューアルされました。

 

さて、次回は章店長と亜希子の恋の話と移っていきます・・・

 

亜希子の自然な笑顔に注目!

また第8話の注目点は、亜希子(綾瀬はるか)の笑顔です。

 

これまでは不器用なまでの無表情を貫いてきましたが、

 

第2章に入ってからは、笑顔が目立つようになってきました。

 

こんな、亜希子の笑顔に注目して第8話を見ていきましょう。

 

果たしてどんな場面で、亜希子の笑顔が見れるのでしょうか?

 

今夜最終章へ

 

少し気になるですが、公式ツイッターに”今夜最終章へ”というタイトルがついていました。

 

時系列的な最終章となると、

 

みゆきとヒロキが結婚した後の話になってきます。

 

となると、ドラマ版ぎぼむすも、

 

原作の最後までを放送することになるのでしょうか?

 

第8話が最終回ではないですから、

 

その可能性もありそうですね。

 

台風の影響、停電の一刻も早い復旧を願います!

 

 

 

かなりの数の人が停電の状態が続いている様子です。

 

漸く2週間ぶりにぎぼむすの放送があるのに、

 

とてももどかしさを感じます。

 

何とか22時の放送に間に合ってほしいです!

 

一刻も早い復旧を願います!

 

Sponsored Link