コードブルー、名取先生

 

第3話を終え全く使えないとみなされていたフェローたちも一人ひとり丁寧に描かれるようになりましたね。

第2話では横峯あかり先生(新木優子さん)が藍沢先生(山下智久さん)にしごかれながらも成長する姿が描かれました。

 

第3話では、灰谷俊平先生(成田凌さん)が

自信のなさを克服し成長する姿が描かれました。

 

となると残るフェローは名取先生ですね。

予告編を見る限り第4話では

名取先生が藍沢先生とドクターヘリに同乗するシーンが描かれているので、

フェローの中で深く描かれるのは間違いなさそうです。

 

そして気になるのが、勤務中にも関わらず、

スマホをいじっているシーンが頻繁にあるという言ことです。

無気力感が半端ありませんね。

 

著名な先生の子供で先生をしているという設定は、

白石恵先生(新垣結衣さん)も当てはまりますが、

名取先生とは医者に対する姿勢が真逆で父親の背中を見て育ち、

自らの意志で医者となったことが決定的に違いますね。

 

ここで、無気力の象徴であるスマホについて少しフォーカスを当ててみることにしました。

名取先生がいつもいじっているスマホの機種はいったい何なんでしょうか?

名取先生を演じる有岡大貴さんのプロフィールも併せて確認してみましょう!

Sponsored Link

有岡大貴のプロフィール

生年月日:1991年4月15日

年齢:26歳

身長:164cm

出身:千葉県

所属:ジャニーズ事務所

グループ:Hey! Say! JUMP

<経歴>

2003年:オーディションを経てジャニーズ事務所に入所。

2004年:ジャニーズJr.内ユニット・J.J.Expressのメンバーとなる。

2007年4月:Hey! Say! 7(期間限定ユニット)が結成されてメンバーとなる。

同年8月1日:にCDデビューを果たす。

同年9月24日:Hey! Say! JUMPが結成されメンバーとなり、同年11月14日にCDデビュー

 

名取先生が使っているスマホの機種は?

いつもどこか無気力感が漂う名取先生。

そしてこの無気力感を象徴しているのが、

常にいじっているスマホですね。

 

勤務中でしかも、

救急という緊迫感が漂う職場において、

かつフェローという見習いの立場にも関わらず、

人目を気にせずスマホいじりに没頭する名取先生。

 

それではこの象徴的なスマホの機種は何なのか調べてみました。

提供にドコモがあるのでドコモのスマホのどれかになるでしょう。

ドコモスマートフォン EVER SH-02(2016念11月4日発売)

名取先生、スマホ

このスマホ、画像にもあるように

2016年11月4日発売モデルなので、

ばっちり型落ちですね笑

 

まだ発売中のようなので興味がある方は

是非ドコモのサイトで確認してみてくださいね!

それでは名取先生がこの機種を

使う理由はいったい何なんでしょうか・・・?

 

いくつか考えてみました。

 

①このスマホを購入した当時のスマホにまつわる衝撃的な思い出、忘れられない思い出がある。

②特段意味はない。

③恋人からプレゼントされた、もしくはおそろい。

④大切な人の忘れ形見。

⑤リアルタイムに何かの情報を確認する必要がある。

 

コードブルー3rdシーズンの傾向では恋愛要素が過去の作品に比べて

ふんだんに取り入れられるようになったので、

名取先生も例外ではありませんね。

 

なので、恋人にまつわる意味が名取先生が仕事中であるにもかかわらず

 

操作するスマホにこめられている可能性があります。

ただ何も考えずに名取先生がスマホをいじることはないと思います。

 

あれだけ空気を読まずに仕事中にも関わらず

スマホを見続ける理由があるのではないでしょうか?

 

ちなみに現在のドコモのシャープ製の新商品はSH-03です。

こちらも気になる方はドコモのサイトを確認してみてくださいね!

 

無気力の原因は父親か?

この名取先生の人物設定ですが、

大病院の先生の息子で、

医者になるしか道がなく、

決して好きでやっているわけじゃないので熱が入らない医者役を演じています。

 

名取先生の親の存在が現在の無気力で

諦観している名取先生を作り上げているのでしょう。

ただし、このまま無気力なキャラクターで

終わるはずがありませんね。

 

第4話ではいよいよ名取先生がドクターヘリに乗って

救助に向かう姿が描かれています。

ともに同乗するドクターは藍沢先生です。

 

第2話で藍沢先生とともにドクターヘリに乗った横峯先生は、

厳しく藍沢先生から当たられながらも成長しました。

 

最後に藍沢先生が横峯先生に言った”よくやった”という短い言葉。

この言葉が、横峯により自信を与えました。

 

それでは同じようなシチュエーションである

名取先生はどのようなコミュニケーションを藍沢先生と取るのでしょうか?

中心人物の一人として描かれる以上はこれまでの

名取先生のままで終わるはずはありませんよね。

 

必ず感情に訴えるような描写があるはずです。

それに藍沢先生がかからみ、

無気力な性格を脱するきっかけが生まれるかもしれません。

 

そしてこれまでの無気力な名取先生の性格を

形成するきっかけとなる背景はどこにあるのでしょうか?

 

おそらく大病院の先生である名取先生の

親の存在が重要なポイントになると思います。

 

この親の存在が、

これまでの名取先生の無気力を生み出すきっかけとなってしまった。

Sponsored Link

まとめ

コードブルーの第4話ではいよいよいフェローである

名取先生が注目される構成になるとなる。

 

藍沢先生とともにドクターヘリに同乗して救助に向かうことになりますが、

どのような成長を描かれるか見所です。

 

これまで注目された、

横峯先生や灰谷先生のように自信なさげな面はありませんね。

 

自分自身に対してはかっての藍沢先生のように

自信を持ち合わせているのでしょう。

 

もちろん、名取先生にも欠陥はあります。

それは医業に対して無関心であること。

 

父親が有名病院の先生だったがために、

必然的に医療への道を進まざるを得なかった。

こんなどうしようもない無力感、

諦観的な描写が名取先生を貫いています。

 

しかし、それも第4話で藍沢先生と交流を深めることにより

変わっていくのでしょう。

そうなるとすると、そのきっかけは何なのか?

 

引き続き名取先生に注目して、記事を書いていきますので、

名取先生に変化が見られそうになったら読者の皆さん是非また立ち寄ってみてくださいね!

 

Sponsored Link