生駒里奈(元乃木坂46)は金足農OB?応援する様子が可愛すぎる!

 

生駒里奈

 

第100回の夏の甲子園大会は準決勝が行われ、

 

金足農が日大三を2-1で破り見事決勝進出を果たしました。

 

決勝の相手は、済美を破った史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が相手です。

 

103年ぶり。

 

実に第1回大会以来秋田県勢の決勝進出で、優勝すると初の東北勢の優勝となります。

 

そして、金足農にゆかりのある芸能人も続々とコメントを残していますね。

 

その中でも注目されているのが生駒里奈さんの反応です。

 

応援している姿の動画がアップされていましたが、とても可愛いと話題になっているんですね。

 

実際の動画を確認し、どれほど関係者が金足農の決勝に期待を込めているのか、

 

確認してみましょう!

 

Sponsored Link

>> 続きを読む

金足農業・吉田輝星投手の酷使に賛否!投球過多に制限は必要か?

 

金足農業

 

いよいよ、夏の甲子園はベスト4が出そろいました!

 

準決勝の第1試合は秋田代表の金足農業と西東京代表の日大三の対戦。

 

そして、第2試合は大阪北代表の大阪桐蔭と愛媛代表の済美の対戦です。

 

いずれの試合も見逃すことができない好カードですね!

 

記念の第100回大会ということで、どの試合も白熱した記憶に残る試合が多いです。

 

その中でも、今回の甲子園人気の一翼を担っているのが、金足農の躍進にあるのは間違いないでしょう。

 

1984年大会で、PL学園に準決勝で敗れて以来の躍進となります。

 

(奇しくも試合前のレジェンド始球式では、当時のPL学園のエースで金足農の決勝の道を断った、

 

桑田真澄さんが投手を務めます。

 

金足農業と桑田(PL学園)に因縁あり?レジェンド始球式に注目!

 

そして、とりわけ投手である吉田輝星投手の活躍にあります。

 

一方で気になる声も聞こえてきています。

 

それは、吉田投手の肩が壊れないか心配する声があるということです。

 

秋田県予選の5試合を含めて、甲子園のこれまでの4試合の計9試合を一人で投げぬいてきています。

 

準々決勝の前には吉田選手は体の不調を訴えもしました。

 

もちろん、夏の甲子園がこれほど盛り上がっているのも、

 

吉田輝星投手の奮闘にあるといってもいいでしょう。

 

投手の投球過多という問題は高校野球において、

 

いつもついて回ってくる問題ですね。

 

このような記事を書くと、賛否のコメントを多数いただくことになりますが、

 

今回もあえて金足農の吉田輝星投手の投球過多について触れてみたいと思います。

 

投手の酷使で制限は必要なのかどうか?

 

Sponsored Link

>> 続きを読む

金足農業と桑田(PL学園)に因縁あり?レジェンド始球式に注目!

 

金足農業

 

第100回全国高校野球選手権(夏の甲子園)記念大会

 

レジェンド始球式でまたドラマが生まれそうです。

 

準決勝第1試合で金足農と日大三が対戦しますが、

 

この試合前のレジェンド始球式を務めるのが桑田真澄さんなんですね。

 

因縁というのは34年前の金足農業PL学園の対戦にあります。

 

34年前のPL学園桑田投手と清原選手を擁して最強のチームでした。

 

このPL学園をあと一歩のところまで追いつめたのが、金足農だったんですね。

 

具体的な因縁はどのようなものだったのか振り返ってみましょう!

 

Sponsored Link

>> 続きを読む

1 2 3 6
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ