関学アメフトのタックルを受けた選手に脅迫メール?父親が公表

関学アメフト タックルを受けた選手

5月6日に行われたアメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学の定期戦において、信じられない反則が行われました。

 

全くプレーに関係ない場所でクォーターバック(QB)の選手が無防備な状態で後ろから猛烈なタックルを受けて、負傷退場しました。

 

あの”事件”から3週間が経とうとしていますが、全治3週間と診断された本人の具合はどうなっているのでしょうか?

 

またあろうことか、タックルを受けた選手に対して脅迫メールが届いたと父親である奥野康俊さんが自身のFacebookで公表されました。

 

日々状況が変化しているので、5月6日からの経緯を整理しつつ確認してみましょう。

Sponsored Link

>> 続きを読む

  • 人気ブログランキング

マサル(秋田犬)がかわいそう!ザギトワ選手と同居せず世話は誰が?

マサル、秋田犬

平昌(ピョンチャン)オリンピックのフィギュアスケート女子の金メダリストであるロシアのザギトワ選手に贈られる予定の生後3カ月の雌の秋田犬のマサルが5月25日の午後、モスクワの空港に到着したというニュースが流れてきました。

約10時間のフライトにもかかわらず、元気な様子だったとのことです。

マサルは、26日にモスクワを訪問する日本の首相の安倍さんが出席する式典でザギトワ選手に贈られることになっているようですね!

ザギトワ選手は「散歩したり一緒に寝るのが楽しみ」と話していて、すでに赤い首輪も用意しているらしいです。

 

オリンピックの時から話題になっていたことで、ようやくザギトワ選手は対面することになります。

ところが、秋田県のマサルがザギトワ選手に引き渡された後の世話を誰が見るのかについて気になることがあります。

どうもザギトワ選手と同居しない可能性があるらしいんです。

こうなると、せっかくロシアまでわたったマサルがかわいそうというコメントもネット上でちらほらみられるようになりました。

事の真相を確認してみましょう!

Sponsored Link

>> 続きを読む

  • 人気ブログランキング

医療用ホチキスは痛みは?抜糸も痛い?羽生結弦も激突後に利用!

医療用ホチキス

5月23日に医療用ホチキスを患者さんに使いまわしていたという報道がありました。

北海道にある市立病院が2016年以降に脳神経外科手術で医療用ホチキスを40~90代の患者48人に使い回していたようです。

ホチキスは使い捨てで、厚生労働省が再利用については感染の恐れがあるため昨年まで計4回にわたり使い回さないよう全国の病院に通達していました。

何度も通達があったにもかかわらず、それを無視し使いまわしをしていたとなれば問題ですね。

問題の発覚した病院では医師らが「アルコール消毒すれば問題ない」と判断していたといいます。

 

それでも、使いまわしを見つけた看護師さんによって発覚しているので、医療従事者に使いまわしは危険だという認識があるということでしょう。

 

ところで、この医療用ホチキス皮膚を糸で縫合する代わりに、用いられるのですが、皮膚にホチキスを使うと想像しただけで痛々しいですよね。

 

平昌オリンピックで見事復活の金メダルを獲得した羽生結弦選手も応急処置で利用したことがあります。

 

この医療用ホチキスはどれくらい痛いのでしょうか?

 

また羽生選手に具体的にどのようなケースで使われたのか確認してみましょう!

Sponsored Link

>> 続きを読む

  • 人気ブログランキング
1 2 3 8
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ