武井咲、黒革の手帳

7月20日からテレビ朝日系列で『黒革の手帳』の放送が始まります。

過去に5度テレビドラマ化されて、そのどれもが好評でした。

全開は、2004年に放送されましたがその主演は米倉涼子さんでした。

米倉さんはこの黒革の手帳をきっかけに人気を不動のものにしましたから、最新作主演の武井咲(たけいえみ)さんにも大きな注目が集まっています。

設定としては過去最年少の25歳の銀座のママという設定で、しかも武井さん自身がそれよりも若い23歳です。

銀座のママは政財界の偉い人たちと渡り合う必要がありますから、ただ綺麗であればよいだけでなく、品性や教養も求めれます。

その役を23歳の武井咲さんが務めるわけですから、プレッシャーも半端なくあるでしょう。

その代り、この『黒革の手帳』が当たれば米倉涼子さんのように飛躍のきっかけとなるかもしれません。

これまでは、可愛い設定でドラマをこなすことが多かったと思いますが、今回のドラマでそのイメージを払拭できるか注目ですね。

 

武井咲(たけいえみ)のプロフィール

生年月日:1993年12月25日

年齢:23歳

出身:名古屋市港区

身長:163cm

所属:オスカープロモーション

※前作の黒革の手帳に主演した米倉涼子さんは所属事務所の先輩になります。

モデルデビュー:2006年11月号『セブンティーン』で非専属モデルとして「美人まゆのつくりかた」のページでデビュー

女優デビュー:2011年1月のフジテレビ系ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』に準主演のキーパーソン役でデビュー。800人のオーディションを勝ち抜いてつかんだ役でした。

 

『黒革の手帳』のあらすじ

派遣行員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した原口元子(武井咲)は、銀座に自身のクラブ「カルネ」をオープンさせる。危険と知りながらも、自らの野望のためだけに突き進み、『黒革の手帖』を盾に政財界の大物たちと渡り合っていく。それぞれの欲望が息苦しいほど交錯する夜の街・銀座で、“派遣のオンナ”から“銀座のママ”へと華麗な転身を遂げた元子の、孤高の戦いが華やかに幕を開ける!!

派遣行員から銀座のママへ。横領した大金を元に自身のクラブ「カルネ」をオープンさせるという設定。

主役の原口元子はとても一筋縄ではいかない権謀術数に優れた人物像ですね。

銀座での政財界の大物との駆け引きに注目です!

武井咲の着物に注目!

武井咲さんにとっては挑戦といっても過言ではないでしょう。

ただでさえ銀座のママとしては若い設定の25歳ですが、武井さんの実年齢はそれよりも若い23歳です。

政財界の大物と渡り合う役ですから、難しい役どころとなると思います。

そして、役だけでなく、着物の着こなしも注目されています。

武井さんがどのように着物を着こなすのか?

すでにいくつか画像がアップされていますが、そのどれもあまり違和感がないように思います。

武井咲、黒革の手帳

武井咲、黒革の手帳

見た目では以外な発見ではないでしょうか?

銀座のママとして務まるのか?というコメントも散見されますが、おそらく前作の米倉涼子さんとの比較の意味も込められていると思います。

米倉さんの2004年当時の年齢は、29歳ですから単純比較はできませんね。

ちなみにこれが当時の『黒革の手帳』の米倉さんの画像です。

米倉涼子、黒革の手帳

銀座のママという単純比較だけなら着物の着こなしといい、米倉さんにはかなわないような気がしますが、設定がより若い設定なので武井さんの新しいカラーを作っていけ場良いのだと思います。

 

これまでの武井さんはかわいいという設定が先行していましたが、着物姿を見る限り新境地を切り開くきっかけになるのは間違いなさそうです。

後は、この見た目に負けない演技力ですね。

どれだけ見た目が良くても、難しい役どころである銀座のママになり切れなければ「モデル」として終わってしまいます。

このビジュアルにプラスして演技力が伴えば大化けするドラマかもしれませんね。

初回放送は、着物の着こなしと演技力に注目しましょう!

 

まとめ

「可愛い服、新しい服が着たい」とモデルを志望し、そして芸能界入りした武井咲さんが、可愛いというイメージとかけ離れた役に挑戦することになります。

ただし、着物姿の画像を見ると意外にも違和感は感じませんでした。

むしろ見た目では役になり切れているなといった印象です。

だからこそ、なお一層演技力をそのビジュアルに伴わせることができるかという注目点が生まれます。

これまでの武井さんのイメージとは違う難しい役どころですから、この点を是非注目して初回放送を見てみましょう!

これまでに何度もドラマ化されてきて好評を得ていますから、プレッシャーもそれなりにあるでしょう。

米倉涼子さんが『黒革の手帳』でブレイクしたように、武井咲さんも是非飛躍の糸口をつかんでほしいですね!

Sponsored Link