ブラックペアン最終回ネタバレ予想!渡海は佐伯教授に何を言った?

 

ブラックペアン、アドリブ

いよいよブラックペアンも最終回を残すのみとなりました。

 

謎に包まれていた”イイヌマ”さんもベールを脱ぎましたね。

 

退院させた飯沼さんはなんと東城大の特別室に転院していることがわかりました。

 

あとなんといっても、最後のシーンで佐伯教授(内野聖陽)に渡海先生(二宮和也)がなんと話しかけたのでしょうか?

 

しかもとても意味ありげな笑みを浮かべながらです。

 

今回は最終回がどのような展開になるのか予想してみたいと思います。

 

以前から指摘されている原作との違いも改めて確認してみましょう!

Sponsored Link

渡海先生は佐伯教授に何を言った?

佐伯教授に対して渡海先生は何を言ったのでしょうか?

 

口のアップのみで何を言ったか音声は流されませんでした。

 

公式にアップされていたので、確認してみましょう!

 

”教授の心臓、まだ完治していませんから”

 

と言っているようですね!

 

この言葉を聞いた佐伯教授は険しい顔色に変わってしまいました。

 

佐伯教授の心臓は治った前提で次の展開に進むと思っていましたが、教授はまだ爆弾を抱えたまま最終回をむかえることになります。

 

確かに予告シーンで教授がオペ室で倒れるシーンがありましたね!

 

 

 

これには患者である”イイヌマ タツジ”さんが関わっていることは間違いありません。

 

まずは、原作ではどのような関係性なのかを確認してみましょう。

 

Sponsored Link

ブラックペアン最終回ネタバレ予想

原作では、渡海先生の父親である渡海一郎は内科医という設定でした。

 

ペアンが残されているレントゲン写真は佐伯先生が海外出張中に見つけることになります。

 

ドラマでは渡海一郎が間違えてペアンをイイヌマさんの体内に留置させてしまったことになっていますが、原作で体内に残したのは佐伯教授です。

 

そもそも内科医が体内にペアンを残す手技をできるはずがありませんね。

 

ドラマでは、”外科医”渡海一郎がペアンを留置したことに責任を取り、大学を去ったような描写となっていました。

 

最終回の展開は、留置したのは実は佐伯先生ということが暴露され、そして、渡海先生は医師としての佐伯教授を”殺す”ことを画策しているのでしょう。

 

あとは原作と同じ展開になるのではないでしょうか?

 

体内に残されたペアンは意図的に佐伯先生によって残されたものでした。

 

実情をしらない、渡海先生は無理やりペアンを取り外そうとします。

 

このペアンがあることによって大量出血せずに生きながらえることができているということが結果的にわかり、そのままペアンを取り出さずに閉腹することになる。

 

そして、佐伯先生に対して憎悪を抱いていた渡海先生はいつの間にか大学を去り、そして高階先生が佐伯教授の後継者としてやっていくことになる。

 

何もひねりがなければ、こんな展開が待っているのでしょう。

 

ところが、既に原作にはない高度医療機器が次々に登場し、そして佐伯教授も心臓疾患で倒れてしますという展開にもなりました。

 

そのため、展開が読めないのが正直なところです。

 

最終回は物別れになるのではなく、渡海先生と佐伯教授がお互いを心の底から分かり合い、手を握るという展開になるのではないかと予想します。

 

これまでのわだかまりは去り、一心同体となる。

 

一方、帝華大は見事な崩壊を見せてくれるでしょう。

 

半沢直樹でいう香川照之さんのような崩壊を西崎教授がきっと見せてくれるでしょう。

 

どのような崩壊をみせてくれるのか注目です笑

 

まとめ

とにもかくにも、あと一回でブラックペアンは終了です。

 

原作を知っている方はその違いを見つけるのも一つの楽しみだと思います。

 

6月24日を楽しみに待ちましょう!

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ