ブラックペアン6話ネタバレ!渡海先生は規定違反で東城大を去る?

 

ブラックペアン、アドリブ

 

5月27日にブラックペアンの第6話が放送されました。

 

予告編からの注目点は渡海先生の母親が倒れて手術を受けるということと、ペアンが映った造営写真のデータを誰が佐伯先生に送ったかということです。

 

東城大学では近親者のオペは認められていません。

果たして、渡海先生は自分の母親の違反を犯してまですることになるのか?

 

あと毎回変わる米袋がどこ産の米かということも忘れてはなりません。

 

振り返ってみましょう!

 

Sponsored Link

ブラックペアン第6話ネタバレ

冒頭で、渡海先生の母親の春江が登場します。

 

そして、治験コーディネーターの木下香織さんと看護師の花房さんで食事中に倒れてしまいます。

 

渡海先生は別のオペに入っていたため、執刀することはできず代わりに黒崎先生がオペを担当し無事成功させました。

 

藤原師長と佐伯教授がペアンについて何やら含みを持った話をしています。

 

渡海一郎という渡海先生の父親がどうも関係しているようです。

 

そして、国産ダーウィンと呼ばれる「カエサル」が東城大学にやってきます。

 

帝華大の西崎教授と厚労省の担当者によって、仕組まれたものでした。

 

インパクトファクターの問題でカエサルを導入することを渋る佐伯教授。

 

様々な思惑があり、招かれざる客として東城大にやってきたんです。

 

ダーウィンと比較して、一回り小さいというのが特徴です。

 

機器を確認した黒崎先生は感心します。

 

こんな中、成功したかに思われた手術後、春江の心臓の肺静脈に腫瘍があり見落としがあったことが発覚します。

 

カンファレンスで、それを追求する渡海先生。

 

”腫瘍が残った原因は何ですか”ときつく詰め寄ります。

 

渡海先生は病院の責任として和解金として2000万円を要求します。

 

佐伯教授は肺静脈の腫瘍の見落としはよくあることとして再手術を申し出ますが、渡海先生は拒否します。

 

そして、和解の話がまとまるまではオペを保留する事になりました。

 

佐伯教授は渡海先生がここまで反発するとは驚きだったようです。

 

医療過誤について過敏な反応を見せたことに黒崎先生は、

 

”自分の父親があんなことしておいて・・・”と過去の話を言葉にします。

 

どうも医療過誤に過敏であることと、ペアンが映った造影写真には相関性があるようです。

 

国産ダーウィンの治験を早急に実施するように帝華大の西崎が高階先生に電話で詰め寄ります。

 

こんな状況の中、崩落事故が起き27名が搬入されることとなります。

 

事故で現場が右往左往している中、高階先生は、肺静脈に腫瘍が残っていることを春江に告げます。

 

そして国産ダーウィンの治験の実施を行うことを提案します。

 

ここで高階先生は渡海先生の腕に及ばず、凡人であることを告白します。

 

この提案に春江は同意します。

 

渡海先生は、運ばれてくる患者の治療に勤しみます。

 

”一人も殺すなよ・・。動け!”

 

世良先生に発破をかけます。

 

世良先生はオペ後左心部の縫合を渡海先生に任されますが、これは難しい縫合で島津先生や速水先生といった研修医の同期は世良先生の成長具合に感心します。

 

渡海先生は母親の春江の下を訪れます。

 

母親が国産ダーウィンに同意したことを知り、高階先生に詰め寄ります。

 

明日治験手術をすることを伝えますが、和解金の問題が解決していないと拒否します。

 

ところが、すでに春江本人の同意は得ています。

 

カエサルはテクノロジーで人を救えると高階先生。

 

テクノロジーでは人は救えないと渡海先生。

 

失敗したら共々死ねと高階先生に渡海先生は言い放ちます。

 

カエサルを使ってシュミレーションを続ける高階先生。

 

そこに春江から呼び出しがかかります。

 

要件は、手術の事。

 

何が話されたのでしょうか?(これが最後に決定的な役割を果たします。)

 

恒例の渡海先生のお米タイムはここに入れられました。

 

そして春江の病状が急変し、オペが予定より国産ダーウィン、カエサルによる運命の手術が始まります。

 

日本初のカエサル手術が皮肉にもテクノロジーを信じない、渡海先生の母親に対して行われることになりました。

 

執刀医は高階先生。

 

緊張感ある中手術が進み、手術は成功したかに見えました。

 

ところが、大動脈の奥からの出血が止まりません。

 

どうも術中に血管を傷つけてしまったようです。

 

ここでもやってしまった、高階先生。

 

血液は、大量に緊急患者を受け入れた後のために病院内に残っていませんでした。

 

近隣病院からの血液の補充を試みますが、時間が間に合いません。

Sponsored Link
Sponsored Link

渡海先生は規定違反で東城大を去ることになるのか?

渡海先生は母親の手術をすることになりますが、東城大学の規定上処分は免れないと佐伯教授に言い含められます。

 

”それどけろ、邪魔だ!”

国産ダーウィンをあっけなく退場させます。

 

そして素早く開胸しオペにうつる渡海先生。

 

血液はなんと高階先生がRHマイナス型であることがわかり、輸血で協力します。

 

高階先生の血が無くなりかけ、これ以上限界になりそうな時点で、間一髪で輸血の血が到着します。

 

そして見事な連携があり、見事に成功させます。

 

実は最初から春江の手術をすることを想定していました。

 

服務規程違反を犯したのでメンツをつぶされた黒崎先生は渡海先生の処分を佐伯教授に進言します。

 

ここでオペの同意書の但し書きが見つかります。

そこには”もし危険な状況に陥った時は息子である渡海先生に任せる”とありました。

 

このおかげで処分されることを免れた渡海先生。

 

母親の春江に助けられる形となりました。

 

息子を思う母親のと花房さんの話を聞いていた世良先生はまた泣いています。

 

保管庫で、佐伯清剛と渡海一郎と連名の資料を花房さんがみつけてしまいます。

 

何故、佐伯教授が自分の母親のオペを執刀することを拒否したのかと高階先生から質問を受けます。

 

”佐伯清剛っていう男を信じていない。

あいつは俺の親父を裏切った。”

 

これで6話は終了しました。

まとめ

6話は春江の息子を思う力が渡海先生を救う形となりました。

 

7話への伏線なのか、いつも以上に治験コーディネーターの木下香織が登場する機会が増えましたね。

 

これまで懸念されていたような感情のない棒読み感の強い演技は改善されていたと思います。

 

7話では自身の過去について迫ることになります。

 

米タイムはもう恒例となりましたね。

 

新しい米はあったかどうか、改めて確認してみます。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ