ブラックペアン第5話ネタバレ!ダーウィン(ダビンチ)手術とは?

 

ブラックペアン、ダーウィン

ブラックペアン第5話では帝華大がこれまで以上にドラマに関わってくることになります。

これまでは、佐伯教授(内野聖陽)と西崎教授(市川猿之助)の外科学会理事の椅子をめぐるインパクトファクター獲得競争のみがクローズアップされていました。

二人の教授にしたらそのためのスナイプ手術であり、純粋にスナイプ手術の普及を目指す高階先生(小泉孝太郎)は翻弄されていますね。

また、高階先生は帝華大から送られた本来刺客のような存在です。

そのため帝華大の高階先生VS東城大の渡海先生(二宮和也)という構図も成り立つでしょう。

今のところ渡海先生には完敗の高階先生ではありますが、スナイプ手術に対する並々ならぬ姿勢はいずれ評価されるはずです。

そして第5話からは帝華大VS東城大の新しい要素として、手術支援ロボット”ダーウィン”が登場します。

このダーウィンは帝華大で専門としているのが松岡仁先生(音尾琢真)です。

松岡先生は帝華大では高階先生と同期で出世を争うライバルでもあります。

東城大の中だけで納まっていた争いが、帝華大を巻き込んでさらにスケールアップしそうな第5話をより楽しむためにまずはダーウィン手術が何なのかを確認してみましょう。

ブラックペアン第5話ネタバレ

第5話では帝華大の松岡仁先生がダーウィン手術の専門医として登場します。

高階先生とは同期で出世を争うライバルですから、松岡先生を演じる音尾琢真さんの演技に注目が集まります。

器械の扱いは繊細、しかし人物は熱血漢という設定をどう演じるのかが見ものです。

そして、このダーウィンを支援する厚生労働省の医務技監である富沢雅之をフリーアナウンサーの福澤朗さんが演じます。

旧態依然とした日本の医療を変えるために最新技術の導入に積極的で、帝華大の西崎教授を強力にバックアップしています。

外科技術の格差の撲滅を目指しているので、スナイプ手術の普及で同様の考え方を持つ高階先生と相性が良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

ダーウィン(ダビンチ)手術とは?

まずダーウィン手術というのはドラマオリジナルの名称ですが、実はモデルとされる医療機器が実際に存在します。

手術支援ロボット”ダヴィンチ”がそれにあたります。

具体的には米Intuitive Surgical社の内視鏡手術支援ロボット「da Vinci Surgical System(通称:ダヴィンチ)」を使う手術のことを、いわゆるダヴィンチ手術と呼ぶんですね。

未来を先取りした医療機器と思っていましたが現在のダヴィンチは第4世代で、初号機はなんと1999年に発売が開始されていることがわかりました。

アメリカの医療技術力に脱帽ですね。

現在世界に300台ほど普及しているようです。

 

それではダーウィン手術のもとになったダヴィンチ手術とはどのような手術なのでしょうか?

まず手術支援ロボット、ダヴィンチによる手術とは遠隔操作型の内視鏡手術器械(ダビンチ)による手術です。

術者は直接内視鏡や器具を直接操作するのではなく、目の前の3Dモニターを確認しながら、遠隔で患者さんの体内に入れた内視鏡や器具を操作します。

メリットは術者と患者さんの視点から挙げてみます。

<術者>

高解像度の3Dモニターを用いて術野を的確にとらえることができる。

これまでの腹腔鏡手術では難しかった深部の処置が容易にできる。

微細な手の震えが伝わらず、縫合などの繊細な手技をスムーズに行える。

<患者さん>

低侵襲で切開部が小さく、そして術後の回復が早く2-3日ほどで退院ができる。

 

実際にニューハートワタナベ国際病院において利用されていおり、今回の実機をドラマに導入するにあたり監修を務めています。

そして、今年2018年4月から僧帽弁形成術にも保険適用されることになったんですね。

現実社会でもさらなる普及見込まれるますから、医療関係者の注目度も高くなりそうです。

Sponsored Link

まとめ

ブラックペアン第5話に登場するダーウィン(ダヴィンチ)手術にフォーカスを当ててみました。

 

術者は直接患者の体を触らない医療器械が実際にあることが驚きですね。

 

これまでスナイプ手術をめぐって物語が展開してきましたが、

 

ここにダーウィン手術という新たな要素が加わり、さらに帝華大と東城大という対立も激化しそうです。

 

ブラックペアン第5話の放送は5月20日です。

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ