矢島晶子が降板!しんのすけ(クレヨンしんちゃん)後継声優は誰?

 

矢島晶子

アニメ『クレヨンしんちゃん』の主人公のしんのすけの声優である矢島晶子さんが、6月末の放送をもって、しんのすけの声優役を降板されることが発表されました。

 

理由は、しんのすけの声を維持することが難しくなったからだそうです。

 

しんのすけの声は特徴的ですから、やはり限界がきたんですね。

 

1992年放送開始以来、27年間務めてきましたか、しんのすけ=矢島さんという図式が成立しています。

 

イメージが完全に定着している次のしんのすけの声優は誰が担当されるのでしょうか?

 

確認してみましょう!

Sponsored Link

矢島晶子(やじま あきこ)のプロフィール

生年月日:1967年5月4日

年齢:51歳

出身:新潟県柏崎市

身長:153cm

職業:声優

 

所属:フリー(AIR AGENCYと業務提携)

日本芸術専門学校特別講師

 

<経歴>

しんのすけのイメージが定着している矢島さんは他にどのような役で声優をされているのか、主なものを確認してみます。

 

・1992-2018(6月29日放送が最後の担当):クレヨンしんちゃん、野原しんのすけ役

・1995年:新機動戦記ガンダムW、リリーナ・ドーリアン役

・ホームアローンシリーズ、ケビン(マコーレーカルキン)役

・1999年:スターウォーズ エピソード1:アナキン・スカイウォーカー役

・ふたりはプリキュア:ミップル役など多数

 

Sponsored Link

しんちゃん役を降板!

矢島明子さんは6月29日の放送をもって、クレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役の声優を降板します。

 

実に27年間、1992年から2018年までつとめあげましたから、まずはお疲れ様です!

 

ドラえもんの大山のぶ代さんは26年での降板ですから、どれほど長期間つとめられてきたかがわかりますね。

 

降板理由としては、しんのすけの声を維持することが難しくなったからだそうです。

 

やはりあの独特なしゃべり方をするしんのすけを演じ続けることに限界が来たんですね。

 

しんのすけ(クレヨンしんちゃん)の後継声優は誰?

クレヨンしんちゃんは7月以降も放送は続きます。

 

それでは矢島晶子さんが降板した後の、後継声優は誰になるのでしょうか?

 

6/1現在はしんのすけ役は調整中ということですから、いかに急な降板だったのかがわかりますね。

 

いまは定着していますが、以前、ドラえもんの声優が一斉に世代交代した際も違和感があるということでわだいとなりましたから、しんのすけ役もドラえもんの声優陣と同様替えのきかないキャラクターのひとりであることに違いありません。

 

次に、任せられる声優さんは名誉なことだとは思いますが、イメージを自分色に染めるには紆余曲折は必ずあるでしょうね。

まとめ

26年間、しんちゃん役お疲れさまでした!

 

クレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役は降板しますが、引き続き声優の仕事は続けられるとのこと。

 

そして、後継の声優さんが誰なのかも気になりますよね。

 

引き続き応援させていただきましょう!

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ