エアコンのドライ(除湿)が冷房より電気代が高い?再熱除湿が原因?

 

エアコン

 

寝苦しい夜が続いています。

 

そして、30度を切らない夜もある日々の中で、

 

エアコンがフル稼働している家がほとんどでしょう。

 

そして、各家庭は少しでも電気代を節約しようと、

 

知恵を絞ることになります。

 

そして、冷房は電気代高いから、

 

ドライ機能にして寝るという家庭もあると思います。

 

ところが、最近ドライ機能が冷房よりも電気代が高いのではないか?

 

このような声をよく聴くようになりました。

 

節約のために設定していたドライが実は冷房よりも電気代が高かった。

 

もし、事実がこのような結果となれば、

 

本末転倒も甚だしいですよね。

 

実際に、ドライと冷房はどちらが電気代の節約になるのか、

 

確認してみましょう。

Sponsored Link

エアコンの電気代

とにかく梅雨明けから、猛暑日が続いている今年の日本。

 

日中は35度以上なんて、外に出ただけで、

 

体の全機能が停止してしまうかのような暑さです。

 

そして、夜になってもその温度は衰えず、

 

東京では、30度近い温度でとてつもなく寝苦しい日が続いていますね。

 

温度が高い時間が長いとそれに比例して、

 

エアコンの使用頻度が上がるわけです。

 

そして、気になるのが電気代です。

 

各家庭、エアコンの利用が増すたびに、

 

いかに節約できるかを知恵を絞ることになります。

 

例えば、こまめに電源をOFFにするより、

 

つけっぱなしのほうが節約になるとか。

 

極力冷房を遣わず、ドライで乗り切るだったり。

 

ところが、これまでの定説が覆るかもしれない声が

 

聞かれるようになりました。

 

それは、ドライ機能が冷房よりも電気代が高いのではないかという声です。

 

もし、これが事実だとしたら、

 

エアコンの利用方法が根本的に見直される家庭も多いことでしょう。

 

何故ドライよりもエアコンのほうが電気代が安いといわれるようになったのか?

 

確認してみましょう。

Sponsored Link

ドライ(除湿)が冷房より高い?

ドライには2種類の機能ががあることをご存知ですか?

 

それは弱冷房除湿と再熱除湿の2種類ですね。

 

ドライ機能って1つなんじゃないの?って思われる方もいるでしょう。

 

どうもドライ機能が2種類存在するということが、

 

冷房よりドライの電気代が高いという根拠になっているようです。

 

それでは、2つの機能をおさらいしてみます。

 

<弱冷房除湿>

弱冷房除湿とは、じめじめした温度の高い空気を少し冷やすことで水滴を集め、

 

サラサラした空気に換えて送り出す機能の事を言います。

 

<再熱除湿>

再熱除湿とは、弱冷房除湿と同じように、

 

空気を冷やし空気をサラサラにするところまでは同じです。

 

この後に、いったん冷やされた空気を

 

もとの温度に戻すために、再度温めてから送り出します。

 

これが再熱除湿といいます。

 

再熱除湿が原因?

それでは具体的に東京電力のデータをもとに、

 

どの機能が電気代の節約になるのか確認してみましょう。

 

設定温度は24度の各モードの1時間当たりの電気代比較となります。

 

電気代が安い順に並べてみると・・・

 

①ドライ(弱冷房除湿):4.1円

 

②冷房        :11.0円

 

③ドライ(再熱除湿) :14.9円

 

一目瞭然で、ドライ(弱冷房除湿)が安いですね。

 

これまでの認識通り、ドライは安いんです。

 

それでも、ドライが高いといわれるようになった原因は、

 

ドライの中でも(再熱除湿)の機能に起因しています。

 

そもそも、このドライの再熱除湿機能はどのようなシーンで、

 

利用される機能なのでしょうか?

 

※ただし、エアコンのドライボタンは一つしかないものも多いです。

 

そして、それが(再熱除湿)であることも多いようなので、

 

まずは、取扱説明書を確認してみることをお勧めします。

 

一般的な除湿はうっすらと涼しくなるはずですから、

 

もし、温度が全く変わらないのであれば、

 

再熱除湿である可能性が高いと思われます。

 

各メーカーの再熱除湿の表示名

ダイキン:さらら除湿

 

日立:カラッと除湿

 

三菱:さらっと除湿冷房

 

コロナ:再熱除湿

 

※パナソニックは最近機種には再熱除湿の機能がないようです。

再熱除湿の利用用途は?

再熱除湿の利用は機能的にいうと、

 

除湿はしたいが、温度は下げたくないというシーンでの利用ですね。

 

温度を下げたくない場面というのはいったいどんな場面かというと、

 

梅雨のじめじめした空気を取りたいという時に、

 

一番効果を発揮するようです。

 

梅雨の時期はまだ暑さもそれほどではないため、

 

逆に温度が下がってしまうと、

 

うすら寒く感じてしまうことがありますよね。

 

この状況を解消させるために、

 

再熱除湿を利用することが適切なんです。

 

除湿の強さは弱冷房除湿よりも、

 

再熱除湿のほうが強く、

 

かつ、温度を下げないというのが、

 

再熱除湿の最大のメリットです。

 

まとめ

ドライ機能よりも冷房機能のほうが実は、電気代が安いのではないか?

 

という声を調べてみました。

 

結果的にはドライ(弱冷房除湿)が一番安く、

 

一般的なイメージ通りでした。

 

それでは、何故、除湿のほうが高いといわれることになってしまったのか?

 

その原因はドライのもう一つの機能である(再熱除湿)にありました。

 

これからもエアコンはフル稼働の日々が続きますから、

 

一度、利用しているエアコンの機能について、

 

確どの機能が一番電気代の節約に適しているのか、

 

確認してみましょう!

 

Sponsored Link

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして!
ちるいちと申します。

当ブログは2017年5月1日、
”自分自身の人生は自分で切り開く”
をモットーに、ネットビジネスを始めるべく立ち上げました。

最近の投稿
人気の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ